★大竹部屋★

>

こんにちは!亭主見習いの、タメ(為政伸彦)です(^^)

 

今日は、当ゲストハウスの最大の魅力の一つである、

ベッドについて紹介いたします!

 

縁の各ベッドには、広島の23市町の魅力を表現する仕掛けがあります。

 

そこに泊まると、、、

その市町のことが気になる!

行ってみたい!!

次の日ツアーで行こう!!!

 

という流れになれば、かなり濃い広島滞在になることは間違いないです(^^♪

ただ、ベッドの仕掛けに関しては、まだ作り中なので、みんなで一緒にアイデア出し合って

完成させていきたいですm(__)m

 

その中でも、最初に完成したお部屋があります!

 

それは

 

 

大竹市!!!

 

 

ベッドの中一面に大竹市の工芸品である、手すき和紙が貼られています!

この空間で寝られるなんて、ほんとに贅沢で、中の明かりを点けると、

幻想的で癒されますよ~(^^)/

 

素敵な空間に仕上げて下さったのは、大竹和紙職人である、大谷一真さんです!

 

大谷一真さんのプロフィール写真、自動代替テキストはありません。

先日開催された「第2回『勝手に!広島23市町サミットin横川』」

でも、大竹市代表としてプレゼンしてくださいました!

 

400年以上の伝統がある大竹の技を絶やさないために、おおたけ手すき和紙保存会の方々が

昔ながらの「流しずき」という技法を取り入れ、手づくりで制作をしています。

この技法により、薄くて強く、柔らかい和紙ができるそうです!

そしてこの和紙は、原料となる楮(コウゾ)というクワ科の木から作られているんです!

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

 

原料の処理から、加工、紙すきまで本当にたくさんの工程があるんだとか!

 

和紙づくりは、年間通して様々な作業を必要としますが、

「人手が不足しているため、お手伝いさんはいつでも募集中」

と大谷さん。

https://www.facebook.com/otaketesukiwashi/

こちらは、大竹手すき和紙の存続を願う有志達から成る、

大竹手すき和紙サポーターズのページです。

もちろん、どなたでも参加可能です!

 

今回の作業では、空いた時間に何度も何度も来ていただいて、職人さんらしく

本当にご自身が納得されるまで、丁寧に仕上げて下さいました(*^^*)

まだ手を加えたい部分があるとか?!

 

こちらの作品は、大谷さんがゲストハウスのオープン祝いに

下さったものです♪

雰囲気がガラッと変わります(*^^*)

和室が映えますね~!

 

そんな大竹の手すき和紙に興味を持ったあなた!

大竹市に行くと、作業風景の見学、和紙のハガキ作りが体験でき、

また、いろいろな種類の大竹和紙や、オリジナルグッズが購入できます(*^^)v

 

10月1日(日)に、和紙を使ったものづくりをしている作家さんたちが集まるという

イベント「大竹和紙小市」が開催されます!

http://otakewashi.com/

西念寺という、ゆめタウン大竹店より徒歩5分のところで開催されます。

お時間のある方は、ぜひ行ってみてくださいね♪

 

 

 

縁では実際に、大竹和紙のことを聞きつけた方々が見学に来られたり、

大竹部屋を指名して宿泊に来て下さる方も!!

 

今後その他の市町が完成してくると、それぞれ指名しての宿泊が増えてくるかもですね~!

ほかのお部屋がどうなっていくのか、楽しみで仕方ないです(^^)

 

最初にベッドを使って下さった大谷さん、本当にありがとうございました!!!

By

コメント

コメントを残す