九州の若者が限界集落の湯来町上多田に!!

>

 

自転車で日本一周中に

九州が大好きになりすぎて

なかなか九州からでれなかった

 

三十路少年の紅(こう)です

 

そんな大好きな九州から

若者が広島に来てくれました(^o^)

しかも、ヒッチハイク(男5女5)で!!

しかも、限界集落湯来町上多田に(*_*)

 

f:id:gesthouseen:20160712132711j:plain

 

湯来町上多田には

みなさんご存知

広島の顔

 

“トん佐藤”がいます!!

別名 佐藤 亮太

 

f:id:gesthouseen:20160617125742j:plain

 

限界集落を盛り上げるとともに

新たな生き方を模索し、実践しています

 

f:id:gesthouseen:20160617141922j:plain

 

今回は

 

湯治場として栄えた “湯の山温泉

*写真は三十路少年の紅(こう)

今回うたせ湯で悟られたのこと(笑)

f:id:gesthouseen:20160712134218j:plain

 

BBQ

f:id:gesthouseen:20160712135055j:plain

 

※心がきれいな人には見えるでしょう(笑)

f:id:gesthouseen:20160712135117j:plain

 

星空

みんなで道路に寝転んで眺めました

(写真はないです)

 

田んぼ

草取りを体験してもらいました

 

f:id:gesthouseen:20160712135751j:plain

 

f:id:gesthouseen:20160712135830j:plain

 

初ひっちの子が多く

印象に残ったことや

ヒッチハイクで感じたことの

シェアは面白く

 

深夜12時過ぎに到着するペアーなど

ちょっとしたアクシデントはありましたが

みんな喜んで楽しんでもらえていたようなので

よかったです(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160712140824j:plain

 

そして

なにより うれしかったのは

 

田中亮輔

 

の成長ぶり!!

 

 亮輔と出逢うきっかけになったのは

前回の記事にも少し載っている

http://gesthouseen.hatenablog.com/entry/2016/07/11/134610

 

九州をさまよっている時に出逢った

 

“九州旅人会”

ホームページ→ Welcome to 九州旅人会

 

f:id:gesthouseen:20160711123921j:plain

アホな子たちが多かったな~

もう初めて会って4年くらいたつのか~

 

写真は伝説の立ち上げイベント時

この時、人生の中で1番すべると言う

緊急事態が起こりましたが、その後も

ずっと長老として仲良くさせてもらいました(^_^;)

 

今年2月に

ヒッチハイクバトル in 糸島 with 九州旅人会”

というイベントの交流会で 亮輔 とは出逢いました。

  

f:id:gesthouseen:20160712142109j:plain

 

当時 亮輔 は

ヒッチハイクで日本一周しながら

“東北へのメッセージを集め”

九州を一周し、本州に向う途中で

 

 

f:id:gesthouseen:20160712142424j:plain

 

行きと帰りに広島の

シェアハウス恩によってくれ

 

f:id:gesthouseen:20160712143750j:plain

 

日本一周後は福岡で

”赤字覚悟の日本一周トークライブ”という

初の単独トークライブを主催したりし、

 

旅での経験や感じたこと

 

特に

 

“ひとりひとりを大切にすること”

 

を伝え、実践しています。

 

f:id:gesthouseen:20160712142449j:plain

 

亮輔との話や

来てくれた子と亮輔との関係性を見て

感心し、俺もしっかりしないとなぁと

 

またみんなに逢える時が楽しみに!!

今度は広島中心、都会で田舎暮らししている

シェアハウス恩でお待ちしてま~す(^o^)

 

f:id:gesthouseen:20160712145913j:plain

 

広島にもどんどん

思いがあって、行動力のある

若者が増えたらいいな~

 

そういう機会を創ろう!!

 

ということで

 

次回は

 

『8月6日~10日

 ヒッチハイクバトルto 富士山 with 富士夢祭り』

 

について書こうと思います!

 

乞うご期待あれ~(^o^)

 

 

By

コメント

コメントを残す