なぜヒロシマに帰って来たか? 前編

>

広島が好きじゃなくて
広島から自転車で飛び出し日本一周へ
もう戻ってこないと思っていたのに
旅を中断し広島に帰って来た

三十路少年の紅(こう)です!!

「なぜ広島に帰って来たか?」

それは

“お好み焼きが大好きだから!!”

というのは間違いない
のですが、

ちょっと真面目に。

大きな理由が3つあります。

1つ目は
『家族(親)と仲間(同級生や
 旅で出逢った同志)がいるから』

旅にでて自分を知る機会が多く

“自分が本当に好きなのか何か”
“自分はどうなりたいのか(在り方)”
“自分がどういう人間なのか”など

全然考えていなかったことを
考えるようになりました。

その中で自分が本当に
大切にしたいと思っているのが

“家族”と“仲間”

だということに気づきました。
まだまだ大切にできてないことが
多いですが(^_^;)
(なぜそれに気付いたかはおいおい)

2つ目は
『100万人を超える都市で
 都会と自然がかなり近い
 存在にある都市だから』

旅中に東日本大震災
西に移住してきた人に多く出逢い
“生きる力”
(食べ物を作る、電気を作るなど)
“自然”
の大切さを教えてもらいました。

「限りある地球」
数多くの人が
“消費社会から循環型の社会へ” 
とビジョンをかかげ、
田舎で実践している人に
多く出逢いました。
自分は都会で実践することに
意味があると思ったので
東京で実践している人に
教えてもらったりもしました。

“東京アーバンパーマカルチャー 
 ソーヤー海くん ”

とてもユニークな性格と髪型です(笑)

f:id:gesthouseen:20160726074622j:plain

これは

「spectator」

f:id:gesthouseen:20160726074725j:plain

って本に乗ってたやつで
熊本の数多くの師匠が乗っているのでぜひ~(^o^)

海くんの本もでたのでぜひ~(^o^)

f:id:gesthouseen:20160726074754j:plain

東京、大都市でするのにはとてつもないエネルギーが
必要ということを感じ

その中で自然と都会が共存できる都市は
日本でいうと札幌、仙台、広島この3つと思い

こんなにも山と海、川が近くにあるのは広島だけだと。

3つ目は 中編に・・・

1つ目も、2つ目も感じることは
あまりにも身近にありすぎて
あるのが当たり前になってて
その良さに気づいてなかったんだな~と

旅に出て
ご飯が食べれなかったり、
布団で寝れなかったり
大変なこともあったけど、
そのおかげで、当たり前の幸せに
少し気づけるようになりました。

離れて他を見たことにより
気づくことがありました。

広島ゲストハウス縁も自分の中では
“家族”と“仲間”
“都会と自然を繋ぐ”
も大きなテーマにしてます。

そしてこの生活がずっと続けていけるように
みんなで考え、作っていければと思っています。

ビジョンは

f:id:gesthouseen:20160726092156j:plain

みなさん
三十路少年 紅(こう)に協力してやってくださ~い(^o^)

By

コメント

コメントを残す